時代のニーズに合った社員研修を企画しよう

社員研修は、従来のように会社の経営方針や就業規則などを確認するだけでなく、時代のニーズに合った内容を採用している企業が増えています。特に、大手の民間企業においては、研修の参加者の間でビジネスや日常生活における様々な事例に関するディスカッションを行ったり、プレゼンテーションのために必要な技術を得るための訓練をしたりするところが増えています。
社員研修を行う理由は企業ごとに異なるものの、社員に会社に対する帰属意識を持たせることはもちろん、問題解決能力を高めるうえで大きな意義があります。また、研修を通じて参加者の親睦を深めることもでき、普段は接する機会の少ない人とのコミュニケーションを深められるというメリットもあります。

実務に役立つ社員研修を見極めよう

数ある社員研修のスタイルの中でも、社内での日常的な業務を効率よくこなすための能力が身につくものは、仕事への意欲の向上のためにとても効果的です。例えば、電話応対やパソコンに関するスキルを高められる研修のメリットは、多くの企業の人事担当者の間で注目が集まっており、研修の数か月前からプログラムを考えることがおすすめです。また、社員研修の講師の派遣を行っている外部の業者に相談をすることで、ビジネスや語学、自己啓発などの様々なジャンルの研修を効果的に組み合わせることも可能です。その他、なるべく社員の満足度の高い研修の内容を決めるうえで、事前に研修の対象者から興味のある事柄について聞き取りを行うと良いでしょう。